注文住宅で片付けやすい家を建てる!住みやすくて散らからない間取りとは



散らからない家にするには動線と収納が大切

家の中をきれいに保つために荷物などはきちんと片付けておきたいものですが、実際に人が住んでいると物が増えるため、なかなか片付かない状態になりがちです。せっかくの注文住宅で散らかすことなく快適に暮らすには収納がとても重要で、特に動線を考えて収納を作ることで、使いやすく片付けやすい家を作ることができます。リビングは家族が集まるため物も増えやすい場所なので、すっきりさせるなら壁面収納を用意しておくと良いですし、玄関からリビングに行くまでに持ち物を収納できる動線にすると散らかりにくくなります。

また、荷物が多くなり訪問者に丸見えになる玄関も収納が必要です。靴や傘だけでなく、ベビーカーや外で使ったおもちゃも家に入ってすぐ片付けられると楽ですし、脱いだコートをすぐに掛けられると無駄な動きが減るので、土間収納や玄関に近いウォークインクローゼットなどがあると便利です。

収納の使いやすさを考えて設計する

あれば便利な収納スペースですが、使いにくくて活用できないという失敗も見られるため、注意が必要です。例えば収納の奥行きが足りなくて入れたい荷物が入らないとか、クローゼットのパイプの高さが足りず丈の長い服がかけられないとなると、せっかくの収納が使えません。食品をまとめて置いておけるパントリーは人気の収納ですが、あまり奥行きがあると物が取りにくくなり、しまい込んで賞味期限切れになるということも起こります。

こういった事態を避けるには、事前に収納する物を考えて設計することが大切です。注文住宅の収納は入れたい物に合わせた設計ができるのも魅力なので、よく考えて打ち合わせて住みやすい家を建てましょう。

デザイン性を重視した上で、横浜の注文住宅を選ぶ事ができます。事前に建築士と相談しながら決める方法も取れます。