目的に応じて施工会社を変えるべき!?住宅設計が家づくりの重要ポイント



住宅設計が理想を実現するための要

理想の注文住宅を実現するのが住宅設計であり、住宅設計なくして家づくりはできません。まずはどこに家を建てたいか、資金はどうやって用意するか、持ち家がある場合は売却をどう進めるか、などを考えていく必要があります。実際に家づくりを決めたならば、施工会社を選んでいく流れになります。ここで大切なのは施工会社の特徴を知っておき、理想の家づくりが可能かどうか精査することです。住宅の設計コストは100万円くらいが普通であり、総工費の数%になります。住宅模型を用意するならば、ない場合と比較して設計費が高額になります。設計費は施工会社によっても異なり、一般的に設計事務所に依頼するのが最も高額です。ハウスメーカーや工務店はそれよりも安くなります。

豊富な設計事例がある施工会社に

施工会社の設計事例は多ければ多いほどよく、実績イコール経験と言えるからです。経験が豊富にあれば施主の希望を細かいところまで反映させられます。注文住宅づくりで多い失敗事例は、設計どおりの住宅にならないことです。あとからこんなはずではなかったと後悔しても、つくり直すわけにはいかないでしょう。施工会社の公式ホームページを見れば、得意分野やコンセプトがわかります。施工事例の写真を見ながら、理想とする注文住宅に近いかどうか確かめてください。例えば、狭小住宅を建てたいのであれば、狭小住宅の施工事例が多い施工会社を選ぶのが得策です。注文住宅づくりにおいてはオールマイティに対応している会社よりも、明確な得意分野がある会社に依頼したほうが成功する確率が高いです。

神奈川の注文住宅の購入総額は全国の相場よりも高いです。予算総額に占める土地購入費用と建設費用をそれぞれ比較すると建設費用は全国相場よりやや低いので土地価格が高いことがわかります。