賃貸物件選びを成功させるためのコツ!内見のポイントや持ち物のアドバイス



賃貸物件の内見のポイントとは!?

賃貸物件の見学をするときは、建物の安全性も注視しておきましょう。オートロックシステムや鍵、インターホンのタイプの確認、防犯カメラが適切な場所にあるかという点を見ておくとよいです。そして、消火器はあるか、火事の時を想定して避難経路の確認もします。こういった安全性や防犯性に関しての情報は、賃貸広告では詳しく記載されていないことも多いので、必ずチェックしておきましょう。賃貸物件の見学をしたときに、部屋がキレイで雰囲気がよければ契約を早く進めたいと思うこともあります。

しかし、目には見えない防音性についても確認しておくことが大切です。見た目はキレイな部屋であっても、部屋の壁が薄いという難点があることも珍しいことではありません。近隣の左右や上下階の部屋の騒音、交通の騒音の状況もチェックすることが大事です。

持って行った方がいい!内見時の役に立つ持ち物とは?

部屋選びを成功させるためには、内見で賃貸物件を細かくチェックできるように、いくつかのアイテムを持っていくのがポイントです。まず、賃貸広告や図面は持って行った方がいいアイテムの一つです。間取り図と部屋を見比べて、現状と違いはないかを確認できます。そして、内見後に部屋を見返せるように、カメラやスマートフォンを持っていきましょう。部屋や水回り、クローゼットなど、様々な箇所の静止画撮影や動画撮影をしておくとよいです。また、内見する賃貸物件により、まだ電気が通っていないところもありますし、夕方以降に部屋を訪問する場合もあるでしょう。部屋が暗いと内見がしづらいため、懐中電灯は持っていくとよいでしょう。

札幌東区の賃貸物件は1月以降になると新年度の入居を希望する人が増えるため、契約が難しくなる場合があります。したがって早めの契約がお勧めです。